• 小顔のためにはどんな生活習慣が必要か

    座り方や歩き方などの姿勢、食生活を意識することで小顔に近づきやすくなります。まず朝起きたら顔がむくんで大きく見えることに悩んでいる場合は、寝方を意識してみましょう。
    あお向けになって足はなるべく揃えるようにして両手は力を抜いてリラックスし身体の横に起きましょう。

    こうすることで、顔がむくみにくくなり小顔に近づきます。

    livedoorニュースが気になる方はこちらへご来訪下さい。

    また食生活についてですが、便秘になると顔はむくみやすくなってしまいます。


    そこで、食物繊維を摂取することを心がけましょう。
    次に座っている間は間違った据わり方をしてしまうと顔だけでなく足もむくんでしまいます。これは背骨や骨盤がゆがんでしまうことでひざや腰に負担がかかってしまい血行が悪くなるからです。
    そのため、椅子に座っている間はひざをたてて負担が少ない楽な姿勢を意識してみましょう。

    次に外を歩く事も小顔には大切なので、外反母趾や足を痛めることを避けるためにウォーキングシューズなどを履いて歩いてみましょう。


    つま先を圧迫しない安定感がある靴を選ぶことができたら、猫背にならないことを意識し身体をまっすぐにして足の裏をしっかりと付けて歩きましょう。



    また女性はホルモンのバランスが崩れてしまうことからくる生理不順も、水分が細胞の間にたまりやすくなるのでむくみにつながってしまいます。

    そのため、軽いエクササイズなどを行って体調を整えてみましょう。
    エクササイズをすると便秘の予防にもつなげることができます。